FC2ブログ
2016/09/24

3960 バリューデザイン


3960 バリューデザイン
9月26日東証マザーズ上場。主幹事はSMBC日興証券。想定価格1860円ベースの吸収金額6億円台のマザーズ小型IPOです。
セクタ的には情報通信。事業内容はサーバー管理型プリペイドカード、ギフトカードシステムの提供及び関連する機器、カード等の販売とのことです。具体的には小売店などのギフトカードやプリペイドシステムの導入、保守をやっていて、有名どこだとモスバーガーやZoff、PRONTOなどに導入されている模様です。主な収入源は初期導入費用の模様ですがストック収益も発生する模様でそちらも徐々に伸びてきているということです。電子決済関連はフィンテック関連ということでの物色が集まりやすいので期待はできそうな印象があります。関連銘柄は大株主として大日本印刷、ネオス、ティーガイア、GMOPG、サイバーエージェント、下位ですがそのほかにも金融系企業やセレスなど。大日本印刷は2位株主です。サイバーエージェントはAmebaカードとして自社にサービス導入もしています。思惑で物色が集まるとすればネオス、セレスになるでしょうか。
類似企業としては事業として似ているというかテーマ的に近いという感じではありますが、フライト、BS、セブンシーズ、GMOPG、ウェルネットあたりでしょうか。フライトやBSは思惑での物色もありそうです。
業績面。2015年6月期に大幅な赤字となっていますが、減損処理で一気に膿を出したような格好。上場してからやるよりはいいかなと思いますがどうでしょうか。ただ基本的には増収傾向が続いており、導入数も急激に増えている状況です。利益面は少しブレが目立つかなという印象ですが2016年6月期はまとめてきているなという印象です。今期の決算に注目です。またストック収益がどれくらい積み上げられるかというのが長期目線では気になるところ。PERは11倍程度、PBRは2.9倍程度ですが、実質税負担などでPERは21倍くらいになるということで割高感はあまりないと思います。一番業態として近いのはウェルネットあたりですがこちらでも35倍程度のPERがついており、GMOPGは70倍台などと上値目途はありそうです。初値ベースで35倍くらいは見込んでいいと思います。
需給面。VCは3件でおよそ15%。ロックアップは基本的にはきつめにかかっているかなという印象ですが、VCとサイバーエージェントやネオスは1.5倍解除になっておりこちらは売ってくるかも知れません。他は180日になっているのでそんな感じかなと。VCの売りは気になりますね。サイバーは最近ですとBEENOS株などを現金化しておりこちらも現金化するのではないでしょうか。またSOもかなり多めにあるなという印象で行使期間に入っているものも多いです。また翌日2社上場も控えているのでそこの影響はどう出るのか少し読みづらい感じもあります。もし初値が2日目に持ち越しになると少しディスカウントがつく可能性もあります。大株主の事業会社の動向など少し難しい面もあり、ちょっと初値とセカンダリの動向が読みづらいと思います。
基本的にはフィンテック関連としてもある程度見れる上電子決済関連はグロース株としてとても人気の高い分野、また小型ですのでVC出資がなければ2倍は軽く超えるというところだとは思いますが15%程度の出資は気になる。またサイバー等の動向も気になるところではあり。初値形成後少し売りに押される場面があると思いますがあまり深押しにならなければセカンダリも好調になるかなというイメージです。

初値予想ですが、やはりVC出資分が気になるということでおよそ2倍程度を見込んでいます。公開価格が2040円になったということで大台4000円ですがそこを超えて買いが少し入ってくるようなイメージで4110円を予想にしたいと思います。VCやサイバーの動向が気になるので初日でそこまでセカンダリ好調とはなりづらいかもしれませんが売り圧力と相談しながら2日目、3日目あたりで攻めた方がいいかなと思っています。

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント